/

宮内庁長官に西村次長昇格 即位儀式終えトップ交代

宮内庁長官に就任する西村泰彦氏

政府は10日の閣議で、宮内庁の山本信一郎長官(69)が退任し、後任に西村泰彦次長(64)を昇格させる人事を決めた。17日付。後任次長には元総務省審議官の池田憲治氏(58)が就く。

西村氏は警察庁出身。2016年8月に当時天皇だった上皇さまが退位を示唆するお気持ちを表明された翌9月に宮内庁次長に就任した。即位礼や大嘗祭(だいじょうさい)をはじめとした一連の即位関連儀式が終わったことからトップが交代する。

西村 泰彦氏(にしむら・やすひこ)1979年(昭54年)東大法卒、警察庁へ。2013年警視総監、14年内閣危機管理監。三重県出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン