/

この記事は会員限定です

ビジュアル解説 試練のソフトバンクGファンド

(更新) [有料会員限定]

ソフトバンクグループが試練の時期を迎えている。2020年1~3月期連結決算では四半期として日本企業で過去最大級となる1兆4381億円の最終赤字を計上。20日開示した決算詳細資料では、当面3兆円の手元流動性を確保できるとの見通しを示し、財務状況をめぐる懸念の払拭に務めた。巨額赤字の最大の要因となったのがビジョン・ファンドをはじめとするファンド事業だ。新型コロナウイルスによる影響も広がるなか、孫正義会長兼社長は事態をどう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り140文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン