/

「ドル不足は構造問題」 BIS、金利再急騰に警鐘

国際決済銀行(BIS)は8日に報告書を公表し、米短期市場の動揺を取り上げた(写真はBIS本部)=ロイター

【ニューヨーク=後藤達也】国際決済銀行(BIS)は9月に米短期金利が急騰したことについて「構造要因が金利の動きを増幅させている」とし、問題が長引く可能性を示した。主な資金の出し手だった米大手銀が市場に資金を出さなくなっていると指摘。四半期末などに資金が逼迫し、金融市場全体にも悪影響が広がる恐れがある。

BISは8日に四半期に1度の報告書を公表し、米短期市場の動揺を特別に取り上げた。米短期金利は9月後半に急上昇し、ニューヨーク連邦準備銀行が緊急の資金供給で対応した。年末にかけても金利上昇圧力はかかりやすく、NY連銀は資金供給を拡充している。

米大手銀、資金手放さず

BISは米短期市場で「資金の出し手の役割が4つの米大手銀に強く依存している」と指摘した。2019年上半期の短期市場をならしてみると、4銀行だけで3000億ドル(約33兆円)以上の資金をほかの金融機関や機関投資家に融通していた。このため大手銀が資金を出し渋ると需給のバランスが崩れ、短期金利が跳ね上がりやすくなった。

BISは銀行の具体名を挙げていないが、JPモルガン・チェース、シティグループ、バンク・オブ・アメリカ、ウェルズ・ファーゴとみられる。米大手銀は資産の健全性を求めた金融規制に対応するため、金利が上がってもほかの金融機関などに余裕資金を融通することに慎重だ。

JPモルガンのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)も「こうした状況はますます増えていく」とし、金融規制が問題を生み出している点を批判している。

米短期市場は銀行だけでなく、保険会社や機関投資家などが巨額の資金をやりとりする場だ。特に近年は「ヘッジファンドなどからの資金調達の需要が強まっている」(BIS)。短期金利が急上昇すると、株式や長期金利などほかの金融市場にも広がる恐れがある。

BISはFRBが長期間にわたって量的緩和を続けた副作用である面もあるとした。資金が潤沢な状況となった結果、市場での短期資金のやりとりが減少。「迅速で円滑な市場の取引に必要な内部手続きや知識(といった当事者の経験)が衰え始めているかもしれない」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン