NYダウ、105ドル安 対中関税の発動期限迫り買い控え

2019/12/10 6:57
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】9日の米株式相場は4営業日ぶりに反落した。ダウ工業株30種平均は前週末比105ドル46セント(0.4%)安の2万7909ドル60セントで終えた。対中制裁関税「第4弾」の全面発動が15日に迫り、買いを手控えるムードが強かった。良好な米雇用統計を受けて前週末に大幅高となった反動もあり、目先の利益を確定する売りが優勢になった。

市場では対中関税の第4弾の全面発動は見送ら…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]