ソフトバンクGのファンド、「犬の散歩代行」の株売却

2019/12/10 6:13
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクはペット関連サービスを手掛けるワグの株式を売却する=企業提供

ソフトバンクはペット関連サービスを手掛けるワグの株式を売却する=企業提供

【ニューヨーク=野村優子】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は9日、ソフトバンクグループ傘下の投資ファンド「ビジョン・ファンド」が、米国でペット関連サービスを手掛ける「ワグ」の株式を同社に売却することで合意したと報じた。ビジョン・ファンドは2018年1月に3億ドル(約330億円)を出資していた。

ワグは犬の散歩代行などを展開するスタートアップ企業。事業低迷により、今年に入ってから人員削減を進めていた。ギャレット・スモールウッド最高経営責任者(CEO)は9日、社員に「ソフトバンクと友好的に決別した」と述べたという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]