/

この記事は会員限定です

中国小米、日本に進出 割安スマホ・IoT家電で市場開拓

[有料会員限定]

スマートフォン世界4位の小米(シャオミ)は9日、日本市場に参入すると発表した。2020年の次世代通信規格「5G」の商用サービス開始をにらみ、主力の割安なスマホやインターネットでつながる「IoT」家電を販売する。お膝元の中国で最大手の華為技術(ファーウェイ)の攻勢を受け苦戦する中、海外市場に活路を求める。

小米の東アジア地域担当ゼネラル・マネジャー、王士豪(スティーブン・ワン)氏は9日、東京都内で開...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1376文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン