埼玉県信用金庫、川越支店に保育園併設へ

関東
2019/12/9 19:47
保存
共有
印刷
その他

埼玉県信用金庫(埼玉県熊谷市)は2020年3月、保育園を支店内に設けた「川越支店」をリニューアルオープンする。川越駅から徒歩約5分という立地を生かして、保育園を誘致した。相続などの悩みに専門スタッフが応じる窓口も新設し、顧客の課題を迅速に解決できる支店運営をめざす。

3階に保育園を誘致する(完成イメージ)

支店は4階建てで、延べ床面積は約2100平方メートル。支店の1~2階に支店機能などをまとめ、3階に社会福祉法人川越福祉会が運営する「増美保育園」が入居する見込み。安全面に配慮しながら4階の屋上部分を庭園として活用する。

同信金によると、県内の金融機関で支店建物内に保育園を誘致するのは初めて。定員は60人で、20年4月に開園する。企業内保育園とは異なるため、審査を通過すれば誰でも利用できる。

支店にはファイナンシャルプランナー(FP)の資格を持つ職員らが相続や資産運用などの相談に応じる「彩りプラザ」も新設する。

同信金は本店営業部に約160席を備えたホールや絵画などが展示できるコミュニティースペースを併設するなど、地域住民が利用できる空間づくりを積極的に手掛けている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]