中国、情報システム国産化 米排除の思惑も
「22年に100%」 党政府機関向け

貿易摩擦
習政権
アジアBiz
2019/12/9 21:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

レノボのパソコン販売に追い風になる可能性もある(北京市内の発表会)

レノボのパソコン販売に追い風になる可能性もある(北京市内の発表会)

【北京=多部田俊輔】中国の習近平(シー・ジンピン)指導部は2022年を目標に、共産党や政府機関の情報システムをすべて中国製に切り替える。パソコンや基本ソフト(OS)が対象に含まれる可能性がある。米中ハイテク覇権の争いが激化しており、米国製を排除して自国のIT(情報技術)産業を育成するとともに、米中貿易交渉のカードにするとの見方も取り沙汰される。

【関連記事】
中国、政府機関から外国産PC締め出しへ FT報道
[FT・Lex]中国、3年以内にハイテク機器など国産化

複数の地方政府の関係者が、6月までに党中央や省などから党政府機関の情報システムの調達に関する通知を受け取ったと明らかにした。20年から22年までの3年間で、党政府機関の情報システムのすべてを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]