/

外国人材活用、広島県がもみじ銀・広島信金と協定

広島県は県内企業の外国人材の受け入れや活躍の推進に向け、もみじ銀行と広島信用金庫と協定を結んだと発表した。もみじ銀と広島信金は取引先企業での外国人受け入れニーズを聞き取り、県と情報を共有する。受け入れ意欲の高い企業には行政窓口や県が手掛ける支援策などを周知する。県は中小企業とつながりが強い金融機関との連携で、外国人材の活用に対する企業の需要を掘り起こす狙いだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません