/

岡三、証券ジャパンに追加出資 子会社化も視野

岡三証券グループは9日、証券ジャパン(東京・中央)の株式を追加取得すると発表した。取得額は21億円。証券ジャパンへの出資比率は約17%から33.4%に上がる見込み。現在は持ち分法適用会社だが、将来的に追加出資で子会社化も視野に入れる。

岡三証券グループは15年に証券ジャパンと資本・業務提携した。少子高齢化や異業種の参入などで国内リテール事業が苦戦する中、グループ内で連携を深める。

今回の出資に伴い、岡三証券グループは2020年3月期の連結決算で負ののれん19億円を営業外収益に計上する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン