岡谷鋼機、中川運河の倉庫竣工 昭和初期の外観

2019/12/9 19:30
保存
共有
印刷
その他

岡谷鋼機は9日、昭和初期の外観を再現した自社倉庫「中川配送センター」(名古屋市中川区)の竣工式を開いた。中川運河沿いに立地し、配管や鉄骨などの建築資材を保管する。倉庫の延べ床面積は約2860平方メートルで、2020年1月から稼働する。

中川運河沿いに立ち並ぶ岡谷鋼機の新倉庫(9日、名古屋市)

倉庫は1934年から使用していたが、老朽化のため取り壊し、1月から建て替え工事を進めていた。耐震性を強めたほか、運河沿いであることから、浸水に備えて土地をかさ上げした。投資額は約6億円。

倉庫は名古屋市が再開発を進める中川運河沿いにある。外観は昭和初期の黒色の三角屋根が連なったデザインを再現し、景観に配慮した。夜はライトアップをし、観光資源としても活用する。岡谷篤一社長は竣工式で「にぎわいある街の発展に寄与したい」と話した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]