「高知に関西の活力」 高知県の浜田知事が就任会見

四国
2019/12/9 18:25
保存
共有
印刷
その他

高知県の浜田省司新知事は9日、県庁に初登庁した。就任の記者会見で「共感と前進の県政運営にあたる。まず1期4年を通じて高知をもっと元気にして、若い人がもっと帰ってこられるようにしたい」と抱負を語った。3期12年務めた尾崎正直前知事との違いについて「ボトムアップで調整型のリーダーシップが私の持ち味」と述べた。

就任会見する浜田省司高知県知事(9日、高知県庁)

施策として「大阪と関西圏の活力を高知にもたらす」と強調。大阪府の副知事を務めた人脈を生かし、外国人観光客を誘致しさらに投資を呼び込むことで県内経済を活性化させ雇用を作り出す考え。南海トラフ地震をにらんだ防災対策の充実、不登校や引きこもりの子どもへの支援にも力を入れる。

前知事の尾崎氏が県民から高い支持を受けていたが、浜田知事は知名度がいまひとつ。このため「荷が重いのはしょうがない」と述べた。

会見に先立ち県幹部職員に知事訓示を行った。「成果にこだわり前に進む県政を目指す。想像力を発揮して仕事をしてほしい」と強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]