贈答品・接待を原則禁止 関電、16日から運用開始

2019/12/9 18:08
保存
共有
印刷
その他

関西電力は9日、贈答品と接待を原則として受けてはならないとする社内規定を16日から導入すると発表した。全役員と社員が対象で、すでに周知した。役員らが福井県高浜町の元助役、森山栄治氏(死去)から多額の金品を受領した問題を受け、年内をめどにルール化する方針を示していた。

新たな規定では、行事や時候のあいさつで配布される記念品を除き、贈答品の受け取りを原則禁止。接待は、会社の事前承認を受けた会費制の場合などに限って認める。やむを得ず贈答品や接待を受けた場合は会社に報告させ、返却など適切な対応を取るほか、違反した場合は処分なども検討する。

金品受領問題を巡っては、外部の第三者委員会(委員長=但木敬一元検事総長)が再調査している。同社は「第三者委の結果が出る前でも、さらなるコンプライアンス強化に向けた取り組みを推進する」としている。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]