アルツハイマー病の早期診断に道 シスメックス
学会で発表

2019/12/9 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

血液検査装置大手のシスメックスはアルツハイマー病の診断法に関し、原因の一つとされる脳内のアミロイドベータ蓄積が血液から把握できる可能性があるとする最新データを学会で発表した。従来の陽電子放射断層撮影装置(PET)と比べ短時間で安くできる検査法確立に一歩近づいた。実用化へ製薬大手エーザイと共同開発を進める。

認知症患者の多くがアルツハイマーが原因だ。患者の脳内にアミロイドベータと呼ばれるたんぱく質…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]