宅配クライシスから2年 「ギグワーク」が輸送網救う
宅配危機を越えて(1)

ルポ迫真
2019/12/9 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

個人で運送業を営む青山和正さんは1日3~4件の配送を自分のペースでこなす(東京都江東区)

個人で運送業を営む青山和正さんは1日3~4件の配送を自分のペースでこなす(東京都江東区)

「こんにちは、アマゾンです」。10月28日朝、デニム地のつなぎの作業着に腕を通した永田浩は、名古屋市内の住宅街にあるマンションのインターホンを鳴らした。

ネット通販大手のアマゾンジャパン(東京・目黒)は8月、個人の運送事業者に配送を委託する「アマゾンフレックス」を首都圏に続いて名古屋で始めた。その直前に永田は10年ほど勤めた工場を辞め、40万円で中古の軽バンを買ってフリーのドライバーになった。

1日8時間の配達で収入は約1万5千円。月収40万円を目標に、スマートフォンのアプリから自分でシフトを組む。月4回ほど自宅のある静岡県磐田市から名古屋へ通い、インターネットカフェや車中で寝泊まりする。空いた時間にネットで単発の仕事を請け負う「ギグワーカー」だ。

荷台はいつも約70個のアマゾンの段ボールでいっぱいだ。永田は「アマゾンでモノを買う人がいる限り無職にはならない」…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]