オリパラ考

フォローする

WADAによる厳罰? 実は手ぬるいロシア処分
編集委員 北川和徳

Tokyo2020
2019/12/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界反ドーピング機関(WADA)がロシア選手団を五輪・パラリンピックや各競技の世界選手権などの主要大会から4年間除外する処分を決めた。厳罰が下されたとする見方が広がっているが、はたして本当にそうだろうか。

ロシアの全面的な排除は避け、潔白と認められたロシア選手は個人の資格で参加が許される。実際には国としての出場や国旗、国歌の使用を禁じた2018年平昌大会とまるで変わりはない。

16年リオデジャネ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
東京五輪マラソン代表選考会でナイキの厚底シューズを履く選手(19年9月)=共同共同

厚底シューズ、禁止できる? [有料会員限定]


 世界陸連はナイキの厚底シューズ「ヴェイパーフライ」をどうするつもりなのだろう。使用禁止へ、と伝えられるが、エリートランナーから市民ランナーにまでこれほど普及したものを、五輪前に禁止にすることなどでき …続き (1/24)

交通事故に巻き込まれて負傷した桃田。今後のプレーへの影響は楽観できない

 バドミントン男子の桃田賢斗(25)が13日、遠征先のマレーシアで交通事故に巻き込まれて負傷した。2020年初戦のマレーシア・マスターズで優勝した翌日。帰国するため空港に向かっていた道中で見舞われた不 …続き (1/17)

高視聴率を誇る箱根駅伝だが、その価値を十分に生かし切れていない=共同共同

 国内最強のスポーツコンテンツといえば箱根駅伝が挙げられる。新年2日、3日のテレビ中継の関東地区の平均視聴率は往路が27.5%、復路が28.6%。2年連続の30%超えはならなかったが、2日間で約11時 …続き (1/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]