参院宿舎家賃10万~15万円 建て替え後、格安批判も

2019/12/9 17:38
保存
共有
印刷
その他

与野党は9日の参院議院運営委員会理事会で、老朽化に伴い東京・紀尾井町で建て替え中の参院議員用「清水谷宿舎」の家賃を決めた。3LDK(81平方メートル)が15万8006円で、1LDK(56平方メートル)は10万9239円。同じ都心にある赤坂の衆院議員用宿舎より高く設定したが、一般向け賃貸住宅の家賃相場と比較すると格安で、「特権」との批判も出そうだ。

来年2月に完成予定の新宿舎は8階建て56戸で、建設費は約50億円。旧宿舎の家賃は、2DK(48平方メートル)が3万6600円、2K(32平方メートル)が2万41円だった。赤坂の衆院議員用宿舎は全て3LDK(82平方メートル)で、13万8025円。

東京・麹町にある参院議員用の別の宿舎(146戸)は、老朽化が進んでいる事情を踏まえ、2LDKで9万2210円の家賃を維持する。

〔共同〕

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]