自賠責保険料、3年ぶり下げへ 20年度に1割前後

金融最前線
2019/12/9 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料が2020年度に引き下げられる見通しになった。保険料の下げは17年4月以来3年ぶりで、下げ幅は1割前後になる方向だ。損害保険各社でつくる損害保険料率算出機構で検討を始めており、来年1月にも開く金融庁の審議会を経て正式に決まる。自動ブレーキなど安全装備の普及に伴う人身事故の減少を反映する。

自賠責は強制加入の自動車保険で、年4000万台弱の新契約がある。事故…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]