/

この記事は会員限定です

国民民主「対等合併」主張 野党合流、各党が調整入り

[有料会員限定]

立憲民主党、国民民主党、社民党は9日、合流へ向けた党内議論を始めた。臨時国会では共同会派を組んで政権追及で連携した実績を受け、合流を急いで次の衆院選に備える思惑だ。立民は党名や基本政策を維持するなど「吸収合併」を想定する意見があり、国民民主は「対等合併」を求める声が強い。各党の執行部は分裂リスクを抱えながらの調整となる。

立民の枝野幸男代表は9日の両院議員総会で、国民民主などに合流を呼びかけた意図...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り505文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン