大分銀の出資企業、宮崎のメーカーとコラボ菓子

2019/12/9 17:06
保存
共有
印刷
その他

大分県内の特産品を販売する地域商社「Oita Made(オオイタメイド)」(大分市、佐藤徹一社長)は9日、宮崎市の菓子メーカー、イート(木原奈津子社長)と「キャラいもキューブ かぼす」を共同開発、販売を始めた。大分銀行が今年3月に宮崎銀行と締結した地方創生に関する包括連携協定の一環。大分銀が出資するOita Madeが、県境を越えた企業と商品を開発したのは今回が初めて。

地域商社「Oita Made」が発売した「キャラいもキューブ かぼす」

「キャラいもキューブ かぼす」は大分市のOita Madeの店舗やインターネットなどで販売する

新商品は、サツマイモをキャラメルでコーティングした「キャラいもキューブ」に、大分県産のかぼす果汁と果皮を加え、かぼすの酸味と芋の甘みのバランスがよいのが特徴。大分市のOita Madeの店舗やインターネットなどで販売する。

同社は県内企業とのコラボで5万円の高級万年筆やブレンドティーを開発、万年筆は350本を超えるヒット商品となっている。中道正晴マネージャーは「大分、宮崎両県には面白いモノがたくさんある。今後も地域が元気がでるような取り組みをしていきたい」としている。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]