JR北、鉄道の安全確保へ有識者会議

北海道
2019/12/9 17:05
保存
共有
印刷
その他

JR北海道は9日、鉄道の安全に関する取り組みを点検する外部有識者会議「安全アドバイザー会議」を設けると発表した。学識経験者3人で構成し、任期は4年程度の予定だ。2020年1月に立ち上げ、会合は年1~3回開く。社外の知見を生かし、鉄道の安全確保を徹底する考えだ。

会議のメンバーは北海道大学の高野伸栄教授と北海学園大学大学院の上浦正樹名誉教授、北大大学院の伊達宏昭准教授。JR北が20年3月期から始めた5カ年計画「安全計画2023」の一環。初会合は20年1月27日に開く予定だ。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]