日本の15歳、デジタル読解力不足に3つの背景

2019/12/10 2:00
保存
共有
印刷
その他

経済協力開発機構(OECD)が2018年に実施した国際学習到達度調査(PISA)で、日本は「読解力」の成績が再び落ち込んだ。調査結果からは表現力・記述力の不足という従来の課題に加え、デジタル時代に必須の「情報を評価する力」などが不十分な実態が浮かぶ。学校現場では、こうした力の育成が新たな課題になりそうだ。

4日、文部科学省内で開かれた中央教育審議会の教育課程部会。読解力の国際順位が前回の8位から…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]