米投資ファンドKKR、アジアにかけるカネと情熱

日経産業新聞
小平 龍四郎
コラム(ビジネス)
アジアBiz
編集委員
2019/12/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米大手投資ファンド、コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)はこのほど、日本法人社長の平野博文氏と東南アジア代表のアシッシュ・シャストリー氏をアジア太平洋地域のPE(未公開企業投資部門)共同責任者に任命した。2020年にもアジア・ファンド4号を立ち上げるとの観測もある。同ファンド1~3号の総額は合計で約200億ドル(約2兆1800億円)に達した。陣容と資金力の両面でアジアへの攻勢を一段と強める…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]