認知症新薬、予防に期待 量産難しく医療費は破格に
編集委員 矢野寿彦

矢野 寿彦
Nikkei Views
編集委員
2019/12/11 13:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界がいま最も注目している新薬候補といっていいだろう。アルツハイマー病向け「アデュカヌマブ」が最新の臨床試験(治験)データで、記憶障害や失語といった認知機能の低下を遅らせることがわかった。米バイオジェンは2020年初頭の米食品医薬品局(FDA)を皮切りに日本や欧州でも承認申請する予定だ。

この十数年、失敗続きだった世界の認知症薬開発の扉がようやく開こうとしている。が、日本にとってそれは「パンドラ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]