「イノベーション」連呼の先 基礎研究の軽視回避を

矢野 寿彦
編集委員
2019/12/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国や企業におけるイノベーションの連呼は、国内から世界を変えるようなテクノロジーや新しいビジネスモデルが生まれなくなって久しい証しといえる。そんななか日本の科学技術政策がイノベーション創出に大きく舵(かじ)を切る。

1995年、科学や技術の振興に取り組む姿勢を打ち出した科学技術基本法が議員立法でできた。80年代、日米貿易摩擦に端を発した「基礎研究ただ乗り」論に立ち向かうためだった。「科学技術創造立…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]