/

駅の改札は顔パスで 大阪メトロ、4駅で実証実験

大阪市高速電気軌道(大阪メトロ)は9日、10日から実証実験を始める顔認証の新型改札機を報道公開した。改札機に付けたカメラで利用者の顔を捉え、事前に登録した写真データと照合する。データと一致すれば扉が開く仕組み。大阪メトロの社員を対象に、長堀鶴見緑地線「ドーム前千代崎駅」や中央線「森ノ宮駅」など4駅で2020年9月まで実施する。

東芝インフラシステムズ(川崎市)やオムロンソーシアルソリューションズ(東京・港)など4社が参加。駅ごとに異なる改札機を試験導入し、機能性や利便性、デザインを検証する。大阪メトロは24年度に全駅の全改札口に最低1台の顔認証を導入する計画で、将来はきっぷや磁気定期券を廃止したい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン