/

この記事は会員限定です

再生医療実用化へ協働を 中辻憲夫氏

京都大学名誉教授(幹細胞生物学)

[有料会員限定]

幹細胞を用いる再生医療への関心が高いが、その実用化には課題も多い。医学や生物学、化学、工学など多分野の学際的な研究開発が不可欠だ。基礎研究・臨床研究・産業化をそれぞれ担う複数セクターによる対等で相補的な協働も重要だ。日本ではiPS細胞への「選択と集中」が10年以上続いているが、研究動向が不断に変化する状況では、既定路線への固執による弊害が生じる。

多分野の学際研究が必要なのは、細胞だけでは困難な課...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン