/

この記事は会員限定です

海底油田の開発復調、5年ぶり水準

三菱商事など日本勢に商機

[有料会員限定]

世界の原油生産量の3割を占める海底油田への開発投資が復調している。専用の洋上プラントの世界での発注数は、2019年に5年ぶりの高水準になる見通しだ。主要産出国のブラジルの投資環境が整い、南米での巨大油田の発見も後押しとなった。三菱商事日本郵船は6年ぶりにブラジルで洋上プラント事業に参画予定だ。三井海洋開発も高水準の受注を獲得するなど日本企業の追い風となる。

コスト競争力のある陸上の大型油田はすでに開発されている場合が多い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1423文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン