/

この記事は会員限定です

リスクマネー「テック」が吸収(一目均衡)

証券部次長 関口慶太

[有料会員限定]

2019年の新規株式公開(IPO)はTOKYO PRO Marketを含めて94社になる見込みだ。この5年で500弱の上場企業が誕生し、リスクマネーが円滑にベンチャー企業に流れているように見えるが、いびつな資金偏在は根強い。

「株式型のクラウドファンディングでの資金調達を検討したが、少なくとも1社のベンチャーキャピタル(VC)出資が条件と言われた」。人材が足りない地方企業と都市の大企業人材をつなぐ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン