[FT]「ヘッジファンドがレポ市場混乱の主因」とBIS指摘

FT
2019/12/9 15:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際決済銀行(BIS)は、米国債などを担保に短期資金を貸し借りするレポ取引で金利が急騰した際、ヘッジファンドなどが投資利回りを稼ぐために大量の資金を借り入れて混乱に拍車をかけた、と指摘した。

9月に翌日物金利が急騰し、投資家や銀行家、政策立案者たちに衝撃を与えた。米連邦準備制度理事会(FRB)は市場が円滑に機能するよう資金を供給した。

その後、高金利にもかかわらずレポ市場への資金供給を渋っていた…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]