「蓄電の都」京都、次世代技術に猛チャージ

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/12/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電子部品や機械部品産業を育んだ京都で2次電池の開発競争が盛んになっている。軸となるのは新技術の実用化を進めるスタートアップや、「ポストリチウムイオン電池」で本命視される技術の実用段階に入りつつある大手企業などだ。京都は19世紀末に日本で初めて鉛蓄電池が実用化された、いわば日本の蓄電産業発祥の地だ。「蓄電の都」が担う技術をひもとく。

■燃料の水素を自ら生み出す電池

京都・大阪・奈良の3府県にまたがる…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]