クルマ大再編、3度目へ走る(ニュースクリップ2019)

2019/12/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車業界は3度目の大再編期を迎えつつある。背中を押すのは電動車や自動運転など「CASE」と呼ばれる次世代技術だ。巨額の研究開発費を確保し、新たに参入してくる米IT(情報技術)大手などと渡り合うには、一定の規模が必要になるからだ。主要市場で新車販売が落ち込み足元の業績が悪化しているのもメーカーの焦りにつながっている。

■世界で相次ぐ統合・連携、米ITに対抗

2018年の新車販売が世界で最も多…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]