/

この記事は会員限定です

肩書 作家 ねじめ正一

[有料会員限定]

最近私は、自分の肩書に迷うことがある。詩人から出発して小説を書き、世の中に作家としてデビューさせてもらったから、肩書は詩人・作家または作家・詩人となっていた。ところが、この10年、詩を書いていないし詩集も出していないから、自ら詩人と言うのを憚(はばか)ってしまうことがある。でも、私の本来の体質は作家というより詩人だと思っているから、詩人という肩書を外されるのも寂しい。

話は変わるが、20年程前、あ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り455文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン