自衛隊中東派遣、期間などで配慮 政府が与党と調整

2019/12/9 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府は9日、中東を航行する船舶の安全確保に向けた自衛隊派遣に関し、計画概要を与党の部会に示した。武器使用を伴わない調査・研究目的とし、日本関係船舶が襲撃されれば海上警備行動を発令し武器を使えるようにする。与党からは派遣期間の明確化を求める声が上がった。政府は1年ごとに計画を更新する方向で、与党と協議を重ねて配慮する姿勢を示す。

政府は20日の閣議決定を目指している。年内にも哨戒機、年明けに護衛艦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]