米アマゾンとNFL 選手の脳振とう対策にAIを利用

BP速報
2019/12/9 14:42
保存
共有
印刷
その他

左からAWSのアンディ・ジャシー最高経営責任者(CEO)、NFLコミッショナーのロジャー・グッデル氏

左からAWSのアンディ・ジャシー最高経営責任者(CEO)、NFLコミッショナーのロジャー・グッデル氏

日経クロステック

米アマゾンのクラウド事業会社のアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)と米プロフットボールリーグ(NFL)は2019年12月5日(米国時間)、アメリカンフットボール選手をケガから守る人工知能(AI)技術「Digital Athlete(デジタルアスリート)」を共同開発することを明らかにした。

Digital Athleteは試合中の選手の安全性を高め、ケガの予測や予防につなげるためのシステム基盤だ。AWSのアンディ・ジャシー最高経営責任者(CEO)とNFLコミッショナーのロジャー・グッデル氏が、米ラスベガスで開催された年次イベント「AWS re:Invent 2019」の記者会見で公表した。「今後はアメフトというスポーツ自体が変わる。過去20年以上の動画や試合データをAWSのデータベースに集約し、試合の安全性向上に活用したい」(NFLコミッショナーのグッデル氏)。

AWSとNFLは既に、試合中の選手の位置や速度などを自動的に記録するAI技術の開発で協業している。アメフトは近年、選手同士の衝突で起こる脳振とうの後遺症が問題となっており、協業の対象を安全対策にまで広げて問題の解決を図る。

選手が衝突した際の姿勢をAI技術で分析

選手が衝突した際の姿勢をAI技術で分析

Digital AthleteではAWSの機械学習サービス「Amazon SageMaker」や画像・動画認識AIサービス「Amazon Rekognition」などを使い、試合の映像を基にケガが発生した際のプレーの種類、選手の位置関係や速度、加速度、姿勢などを分析。ケガをしにくい動作やプレースタイルを選手に周知するとともに、ヘルメットの改良やルール改定などの予防策につなげる。AWSはスポーツにIT(情報技術)を活用する「スポーツテック」に本腰を入れ、分析の対象を他のスポーツにも広げていく考えだ。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 浅川直樹)

[日経 xTECH 2019年12月6日掲載]

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]