Tモバ・スプリント合併、法廷で可否判断 9日審理開始
NY州など14自治体が反対

2019/12/9 10:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=清水石珠実】ソフトバンクグループ傘下の米携帯通信4位スプリントと3位TモバイルUSの合併計画に対して、寡占懸念を理由に米自治体が阻止を求めた訴訟の審理が9日に始まる。6日時点でニューヨーク州を含む14の自治体が合併反対の意向を示している。法廷闘争回避に向けて、2社は反対自治体の切り崩しに取り組んできたが時間切れとなった。

米メディアによると、スプリントの法務担当者は同社社員に対し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]