/

米とタリバン協議再開 3カ月ぶり、カタールで

【カブール=共同】米国のハリルザド・アフガニスタン和平担当特別代表は7日、カタールでアフガンの反政府武装勢力タリバンとの公式協議を再開した。公式協議は米国が9月にタリバンの自爆テロを受けて中止して以来、約3カ月ぶり。AP通信など欧米メディアが伝えた。

トランプ米政権は協議を本格化させてタリバンと和平合意し、アフガン駐留米軍の大幅削減につなげたい考え。APによると、米側は、攻撃を減らす約束をタリバンからまず取り付け、最終的な停戦につなげていく方針という。

ハリルザド氏は4日にアフガンの首都カブールでガニ大統領と会談。11月28日のトランプ大統領のアフガン訪問を踏まえ、和平の進め方を話し合ったとみられる。

米政府は9月初め、和平協議が「大筋合意した」と明らかにしていたが、トランプ氏は同7日、和平協議を「中止した」とツイッターで表明した。同5日にカブールでタリバンによる自爆テロがあり、米兵1人を含む少なくとも12人が死亡したことを理由に挙げた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン