世界の一流ホテル50カ所新設 官房長官、財投を活用

2019/12/7 16:23
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は7日、外国人観光客の誘致に向けて世界の一流ホテルを国内に50カ所設ける考えを示した。国内で多くの消費活動が見込める海外富裕層を呼び込みやすい環境を整える。事業規模で26兆円の経済対策に盛り込んだ財政投融資を活用する。視察先の熊本空港で記者団に語った。

【関連記事】
経済対策、事業規模26兆円 政府が閣議決定
経済対策26兆円は規模ありき 使途の点検強化が必要に

記者団の取材に応じる菅官房長官(7日午後、熊本県益城町)=共同

記者団の取材に応じる菅官房長官(7日午後、熊本県益城町)=共同

菅氏は外国人の訪日数に関し「20年の4000万人目標だけでなく、30年の6000万人目標の実現を見据える」と強調した。今後、本格化する20年度予算編成にあたって「世界レベルのホテルが不足している。財投の活用や日本政策投資銀行による資金支援などを実施し、全国各地に整備する」と述べた。

20年夏の東京五輪をにらみ、空港の待ち時間短縮にも意欲を示した。「主要玄関口である成田、羽田、関西空港で来年から世界最先端のストレスフリー環境を実現する」と表明した。チェックイン時に顔写真を撮影することで、保安検査や搭乗ゲートでの手続きを省略する。

菅氏はこれに先立ち、熊本市内で北朝鮮による日本人拉致問題の解決を訴える集会に出席した。「政権の最重要、最優先課題として取り組む」と訴えた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]