/

この記事は会員限定です

先進国が患う長期停滞に克つには(大論戦)

[有料会員限定]

日米欧で「長期停滞論」が再び注目を集めている。各国は金融緩和や財政出動を繰り出すが、物価は低いままで、成長力もかつての勢いを取り戻せない。各国は21世紀の長期停滞に克(か)てるのか。投資の姿はどう変わるのか。専門家に聞いた。

なぜいま注目されるのか

国際通貨基金(IMF)が発表した世界経済見通しでは、2019年の先進国の実質国内総生産(GDP)の成長率は前年比1.7%増にとどまる見通し。10~18年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン