流出HD、暗号化なし 神奈川県の行政文書データ

2019/12/7 10:34
保存
共有
印刷
その他

神奈川県の行政文書を保存したハードディスク(HD)が廃棄処理を請け負った業者から流出した事件で、廃棄処理を委託したHDは不正閲覧を防ぐための暗号化がされていなかった。大量の個人情報を扱う自治体の管理の甘さが浮き彫りになったといえそうだ。

神奈川県によると、2014年に「富士通リース」(東京・千代田)とHDを含むサーバーのリース契約を結んだが、当時、大量の保存データを暗号化する装置はなかったという…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]