グッチ親会社、モンクレールの買収検討 FT報道

2019/12/7 2:26
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋そら】英紙フィナンシャル・タイムズ(FT、電子版)は5日、高級ブランド「グッチ」などを傘下に持つ仏高級品大手ケリングがイタリアのダウンジャケットの有名ブランド、モンクレールの買収に関心を示していると報じた。モンクレールの時価総額は約110億ユーロ(約1兆3200億円)。実現すれば高級ブランド業界の再編が広がる可能性がある。

モンクレールがミラノファッションウイークに出品したダウン(2月、ミラノ)=ロイター

FTが伝えた関係者の話によると、交渉は初期段階で合意に至るかは不透明という。ブルームバーグ通信はモンクレールのレモ・ルフィニ最高経営責任者(CEO)が「潜在的な成長の機会を高めるため、ケリングや投資家など他の参加者とも連絡を取り合っている」と述べたと伝えた。「現時点では検討中の具体的な話はない」という。

ケリングは最大手のLVMHモエヘネシー・ルイヴィトン(LVMH)やスイスのリシュモンと並び、欧州の高級ブランド「3強」の一角とされる。傘下にグッチのほか「サンローラン」「バレンシアガ」などのブランドを持つ。

LVMHは11月25日、米宝飾品大手ティファニーを約162億ドル(約1兆7600億円)で買収することで基本合意したと発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]