NYダウ続伸、一時250ドル超高 雇用統計が予想上回る

2019/12/7 0:01
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】6日の米株式相場は続伸で始まった。午前9時45分現在、ダウ工業株30種平均は前日比260ドル25セント高の2万7938ドル04セントで推移している。朝方発表された11月の米雇用統計で雇用者数の伸びが市場予想を上回り、米経済の減速懸念が和らいだことで投資家心理の改善に伴う買いが優勢となっている。

ニューヨーク証券取引所=AP

11月の非農業部門の就業者数は前月比26万6000人増と市場予想(19万人増)を上回った。失業率は3.5%と前月比0.1ポイント低下し、半世紀ぶりの低水準を保っている。「堅調な米経済成長が続いていることを示唆する内容」(米投資銀行エバコアISI)との声があった。

建機のキャタピラーや化学のダウ、工業製品・事務用品のスリーエム(3M)が上昇している。雇用統計の結果を受け米長期金利が上昇し、利ざや拡大への期待から金融のJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスも高い。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]