ARと遊べる屋内型施設 創造力すくすく
砂場や壁に投映 学びも促す工夫

2019/12/7 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

最先端のデジタル技術を活用した子ども向けの屋内型施設が活況だ。砂場やトランポリン遊具といった昔ながらの遊びに拡張現実(AR)を組み合わせたのが特徴で、ショッピングモール内の施設や幼稚園ではいつも歓声が響き渡る。屋内で体を動かしながら安全に遊べるうえ、創造力や表現力を育む効果も期待できるため、子育て世代から幅広く支持されている。

「初めて来たが、子どもたちの食いつきに驚いている」。11月下旬。屋内…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]