グレタさんがマドリード到着 COP25参加へ

2019/12/6 21:20
保存
共有
印刷
その他

スウェーデンの環境活動家のグレタ・トゥンベリさん(16)は6日、第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)に参加するため開催地のスペイン・マドリードに到着した。自身のツイッターで明らかにした。COP25は2日から始まっており、グレタさんは地球温暖化対策の強化を訴えるデモ活動に参加する。

6日、マドリードの駅に到着したスウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん=ロイター

ロイター通信によると、グレタさんはポルトガルのリスボンから夜行列車で移動しマドリードの駅に到着した。駅では多くの報道陣が下車を待ち構えていたが取材には応じなかったという。ツイッターには「今朝、マドリードに潜り込むことができた。とにかくスペインに来ることができて最高」と投稿した。

COP25は当初、南米チリで開催予定だったが反政府デモのため変更になった。米国に滞在していたグレタさんは欧州に戻るための支援を呼び掛け、協力を申し出たオーストラリア人のヨットに乗船し大西洋を横断した。3日に約3週間の船旅を終えてリスボンに到着していた。

グレタさんは移動の際、温暖化ガスの排出量が多い飛行機の利用を避けている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]