外国人に「やさしい日本語」 災害・観光情報発信に

2019/12/11 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

必要な時に必要な情報をわかりやすく伝える――海外からの観光客や働き手などが増えてくると、こんな当たり前のことを実行するのは大変である。そのためのツールとして、やさしい日本語が注目されている。日本語が母国語でない人に分かりやすく情報を伝え、ノン・ネーティブと日本人の間のコミュニケ-ションを円滑にするために使う。台風など災害時の対応や日常生活のサポート、観光での意思疎通と応用範囲は広い。

「やさしい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]