長野県「気候非常事態宣言」を発表

2019/12/6 19:49
保存
共有
印刷
その他

長野県は6日、世界的に温暖化が進む現状を受けて「気候非常事態宣言」を発表した。併せて2050年には県の二酸化炭素(CO2)の排出量を実質ゼロにする目標も打ち出した。徹底的な省エネと再生可能エネルギーの普及拡大を推進し、持続可能な社会作りに向けて取り組む。

宣言は同日、県議会が「気候非常事態に関する決議」案を可決したことを受け、発表した。記者会見した阿部守一知事は「県民と一丸となって、気候変動対策を進めていきたい」と語った。

阿部知事は同日、小泉進次郎環境相ともテレビ会議システムを使って会談した。小泉環境相は「長野県の取り組みを国際社会で発信していきたい」と述べた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]