新潟県内2信組の合併認可 はばたき信組発足へ

2019/12/6 19:45
保存
共有
印刷
その他

関東財務局は6日、新潟県の新栄信用組合(新潟市)と、さくらの街信用組合(同県阿賀野市)の合併を認可した。これを受け2信組は9日に合併し「はばたき信用組合」として発足する。両信組は同日、はばたき信組の理事長に新栄信組の宇野勝雄会長(前理事長)が就任するなどとした役員体制も発表した。

2018年度末時点の預金量で、新栄信組は新潟県内の信組で5位、さくらの街信組は6位。はばたき信組の預金量は1000億円超となり、新潟県信用組合(新潟市)と協栄信用組合(燕市)に次ぐ県内3位となる。存続組合の新栄信組に本店と本部も置く。

新潟財務事務所が6日、新潟市内で新栄信組の赤塚義広理事長、さくらの街信組の長谷川信一理事長にそれぞれ認可書を交付した。

交付式後、取材に応じた赤塚氏と長谷川氏は今後の営業体制などを説明した。両氏ははばたき信組の副理事長に就任する。理事長に新栄信組の宇野会長が就く人事も併せて、9日の理事会と監事会で正式に決める。

はばたき信組は新潟市に9店、阿賀野市と五泉市に2店と合計で13の営業店を抱える。赤塚氏は店舗統廃合について「将来の市場環境の変化次第で選択肢に入る可能性もあるが、今のところは考えていない」と述べた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]