靴木型の老舗、100年の歩みに幕 3Dプリンター普及で

社会・くらし
2019/12/24 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

戦災を乗り越え、東京の下町で100年余り続いた老舗の靴木型メーカーが年内で廃業する。最盛期には年間約10万足の靴木型を生産し、高い技術力で石川遼選手らトッププロゴルファーのシューズも手掛けた。ただ近年は3Dプリンターの普及で割安な外国製品に大口の受注を奪われ、長い歴史に幕を下ろすことになった。

JRや私鉄が乗り入れる北千住駅(東京・足立)から徒歩で十数分。白いタイル張りの「福井靴木型製作所」の本…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]