スタートアップの冒険の森、公園や商業施設向け遊具開発

2019/12/6 19:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

森林を活用したアドベンチャーパークを運営するスタートアップ、冒険の森(大阪府能勢町)は公園や商業施設に設置できる大型アドベンチャー遊具を開発した。子どもがハーネス(安全帯)を付けて、1~2メートルの高さで空中アスレチックのように楽しめる。立ち木のない場所でも使えることから施設展開を加速する。

アドベンチャー遊具は「マチモリ」シリーズとして商品化する。柱の間にワイヤを張って滑空するジップラインのほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]