ダイハツ、車内で町の情報 神戸の乗り合いサービス

2019/12/6 19:15
保存
共有
印刷
その他

ダイハツ工業は6日、神戸市で実施している自動車の乗り合いサービスで、車内で自治体や小売店の情報を発信する実証実験を9日から始めると発表した。軽自動車にディスプレーを設置し、利用者は乗車しながらイベント情報や店舗の広告などを見られる。高齢者の孤立などが社会問題になるなか、自治体や住民間の情報共有につなげる。

乗り合いサービスは2018年に神戸市北区のニュータウンで始めた。住民が電話やインターネットで車を呼ぶ仕組み。車を持たない高齢者が増え、地域内での近距離移動の需要に対応する。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]